RSS
PROFILE
ADVERTISEMENT
マクロミルへ登録
TAGS
ニュース (22) , ビジネス (16) , 動画 (15) , 映画レビュー (13) , 就職活動 (11) , 音楽 (9) , 日記 (9) , 就活コラム (8) , 読書レビュー (6) , マーケティング (4) , ゲーム (4) , 演劇談義 (4) , ステキサイト (4) , 医療 (4) , 自動車保険 (3) , CGM (3) , 恐竜 (3) , FMラジオ (2) , コーンフレーク (2) , 今日のごはん (2) , ミステリ (2) , 観察レポート (2) , グルメ (2) , (1) , プロレス (1) , ランキング (1) , 健康 (1) , 歯医者 (1) , アフィリエイト (1) , 雑誌 (1) , 買い物 (1) , Webサービス (1) ,
ARCHIVES
-->
Check today's RANKING
    人気ブログランキングに投票!

    ブログランキングに投票!
            
    ブログランキング・にほんブログ村に投票!

    ひろがるぶろぐでリンク追加!
あわせて読みたいブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
2009-06-05 17:43:50
あと1005日目は「プラダを着た悪魔」で就活コラム
プラダを着た悪魔
Amazonで購入する


★働く上での“大切な何か”

アン・ハサウェイ演じる主人公アンディは、ジャーナリストになることを夢見る、どこか垢抜けない高学歴の文系女子。それが、「まずは生活を成り立たせなきゃ」と、よりによって一流ファッション誌の編集長アシスタント職の面接を受けるところから物語は始まる。

業界のカリスマ編集長の下で働くという、オシャレに目がない女性なら誰もが羨む“憧れの職場”も、ファッション音痴の彼女には雑誌編集を学ぶためのステップアップの場としか映っていない。
彼女のファッションに対する無頓着ぶりに、周囲のスタッフたちは眉をひそめるばかり。
 

■彼女は何故、“未経験入社”できたのか。
 
ただでさえ“即戦力スキル”が求められる過酷な仕事と、「悪魔」と揶揄される鬼編集長からの無茶な要求に振り回され、連日のように愚痴をこぼすアンディ。
物語の中盤で編集長がこぼすアンディ採用の理由は、皮肉まじりのためかそれほど響いて聞こえないものの、憧れと上辺だけの薄っぺらな気持ちでは大きな仕事を続けることができない現実を示唆している。
 
気持ちが折れて「私は頑張っているのに」と泣きついてきた彼女に対して、ファッションディレクターを任されている別部署の上司が言い聞かせた言葉に、是非とも耳を傾けて欲しい。
 
「どこで働くか、ではなく、誰と働くか」とは、求人広告でしばしば語られるコピーであるが、更には、「どのようにして働くか」――。
 
ご都合主義のややありがちなサクセスストーリーながら、単なるガーリッシュなファッション映画や恋物語だけで終わらない、「就活映画」としての本作の見どころがここにある。
 

■“プロフェッショナル”とは何か。

名優メリル・ストリープ演じる編集長ミランダの、傍若無人な振る舞いに隠された、仕事と職場のポジションに対する真摯な姿勢。
前述のファッションディレクター ナイジェルの、気取らないたたずまいと、編集長の右腕として活躍する仕事ぶりとスピリット。
編集長の第1秘書を務めるエミリーもまた、憧れの仕事で奮闘する姿をさらけ出している。
主人公アンディは、彼女ら彼らの“プロの仕事”に揉まれ、時折垣間見せる人間性に触れながら、キャリアアップの道へと歩みを進めていく。
 
「恋(プライベート)か仕事か」「自分はどうありたいのか」
と葛藤するアンディに、就活や入社1年目で戸惑い想い悩む自分の姿を重ねる方も多いのではないだろうか。
 
最終的にアンディが選択する道はともあれ(その決断を下した直後の行動はいただけないが)、ファッションに興味のない方にも観ていただきたい、就活者必見のムービーであることは間違いない。


※本エントリーは、某人材紹介サイトで2007年に連載していた映画コラムを一部改変したものです。







【関連リンク】
あと967日目は「摩天楼を夢みて」で就活コラム
あと981日目は「摩天楼はバラ色に」で就活コラム
あと990日目は「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」で就活コラム
あと997日目は「サンキュー・スモーキング」で就活コラム
あと1000日目は「陽はまた昇る」で就活コラム
あと1004日目は「幸せのちから」で就活コラム
あと1006日目は「007 カジノ・ロワイヤル」で就活コラム
<<あと1004日目は「幸せのちから」で就活コラム | あと1006日目は「007 カジノ・ロワイヤル」で就活コラム >>