RSS
PROFILE
ADVERTISEMENT
マクロミルへ登録
TAGS
ニュース (22) , ビジネス (16) , 動画 (15) , 映画レビュー (13) , 就職活動 (11) , 音楽 (9) , 日記 (8) , 就活コラム (8) , 読書レビュー (6) , マーケティング (4) , ゲーム (4) , 演劇談義 (4) , ステキサイト (4) , 医療 (4) , 自動車保険 (3) , CGM (3) , 恐竜 (3) , FMラジオ (2) , コーンフレーク (2) , 今日のごはん (2) , ミステリ (2) , 観察レポート (2) , グルメ (2) , (1) , プロレス (1) , ランキング (1) , 健康 (1) , 歯医者 (1) , アフィリエイト (1) , 雑誌 (1) , 買い物 (1) , Webサービス (1) ,
ARCHIVES
-->
Check today's RANKING
    人気ブログランキングに投票!

    ブログランキングに投票!
            
    ブログランキング・にほんブログ村に投票!

    ひろがるぶろぐでリンク追加!
あわせて読みたいブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
2009-07-16 01:33:06
あと964日目はナタリー・ポートマンが短編作品でフルヌードを披露していた件
今回のエントリーですが、怪しげなサイトへの誘導コピーのようなタイトルで申し訳ありません。

兼ねてよりマーベルが映画化を発表していた『The Mighty Thor(マイティ・ソー)』に関して、正式にナタリー・ポートマンの出演が発表されました。

ナタリー・ポートマンがケネス・ブラナー監督のアメコミ映画のヒロインに決定!

[シネマトゥデイ映画ニュース] ナタリー・ポートマンが、マーベルから刊行されている人気コミックを実写映画化する作品へ出演することが明らかになった。

 ナタリーが、ケネス・ブラナーが監督することが決まっている映画版『マイティ・ソー』(原題)へ出演することが正式にマーベルから発表された。ナタリーが演じるのはジェーン・フォスターで、北欧神話の神トール(マイティ・ソー)であるソーが転生した人間ドナルド・ブレイクの同僚看護士だ。原作漫画では、ドナルドは自分が障害者であることからジェーンへの恋心を隠していたが、ソーに変身した彼は自信を取り戻し彼女に告白している。映画では、ジェーンは看護士ではなく、医者や科学者のような役どころに変更されるそうだ。また、ジェーンは映画のヒロインというだけでなく、神々が登場する『マイティ・ソー』の中で人間を代表する人物であり、映画を現実感のあるものにする重要な役柄になるとのこと。演技派のナタリーにぴったりな役どころであろう。

ナタリー・ポートマンのヌードについてはひとまず脇に置いておいて、まずは『マイティ・ソー』について。


★『マイティ・ソー』って、そもそもどんな作品なの?

マーベルコミックには多くのヒーローがいますが、『スパイダーマン』や『X-MEN』『アイアンマン』と比べるとネームバリューの劣る『マイティ・ソー』。

ボクも知らなかったので、この機会にストーリーを調べてみたのですが…
北欧の神トール(ソー)であった頃の記憶を消され、足に障害を持つ人間として生まれたドナルド・ブレイクは、やがて医者となる。ある時彼は、地球侵略を目論む土星人部隊の襲撃に巻き込まれたことで神であった頃の記憶を取り戻し、ヒーローとして地球を守ることを決意する。

…なんじゃこりゃ。

とにかく北欧神話をベースにしたヒーローコミックで、本国ではそこそこ人気のある古典作品なのだとか。
アメリカンコミックに詳しい知り合いに聞いたところ、昔『MARVEL VS. CAPCOM』という格闘ゲームがあって、そのゲームにマイティ・ソーが出てきたそうです。格闘ゲームファンの方、ご存知でしたか?

ナタリー・ポートマンは前述のニュースにある通り、本作のヒロインであるジェーン・フォスターという看護士を演じるのだそうで。
この看護士が後々アベンジャーズの主治医に転生するストーリーが存在するらしく、『アイアンマン』の続編や、映画化が決まっている『アベンジャーズ』にもナタリー・ポートマンが出演する可能性がありそうです。

『マイティ・ソー』の公開は2011年6月予定。
拾ってきたコミックのイラストを貼っておきます。

▼(左)マイティ・ソー表紙(右上段右手/下段)ジェーン・フォスター
THOR.jpg


★ナタリー・ポートマンがヌードを披露した短編作品について

さて、ウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』をご存知でしょうか?

ひとクセもふたクセもある登場人物と、人々の心の交流をウィットに描くことでファンの多いウェス・アンダーソン作品。『ダージリン急行』も、しばらく疎遠にしていた三兄弟が父の死をきっかけに一緒にインド旅行に出かけるという内容です。

ナタリー・ポートマンはというと、『ダージリン急行』本編でもカメオ出演していますが、DVDにも収録されている約13分の短編作品『ホテル・シュヴァリエ』で惜しげもなく華奢なヌードを披露しています。

HotelChevalier.jpg

ボクは映画本編を映画館で観れずにいたのですが、この短編は日本公開時にも『ダージリン急行』本編の前にしっかりと上映されていたのだとか。当時iTunesでもダウンロードできたそうです。
(そういえば彼女がストリッパーを演じた『クローサー』も未見でした)

『ホテル・シュヴァリエ』は『ダージリン急行』の序章的作品で、ジェイソン・シュワルツマン演じる三兄弟の三男ジャックと元恋人の思い出として描かれています。
熱心なウェス・アンダーソンファン、またはナタリー・ポートマンのファンの方々にとっては“何を今頃”なネタですが、Google動画に前半をカットしたものが投稿されていましたので未見の方はどうぞ。
※YouTubeの投稿は後半が削除されていました

▼Hotel Chevalier


『ホテル・シュヴァリエ』公式サイト(英語)
『ダージリン急行』公式サイト

日本語字幕が付いたもので観たいという方は、『ダージリン急行』のDVDをレンタルするか購入されて、本編の前に鑑賞されることをオススメします。


<<あと963日目は上川隆也のキャラメルボックス退団の報を受けて | あと965日目のライター能力判定試験 >>